USBメモリーをパソコンのデータのバックアップメディアとして利用されているお客様が多いですが、バックアップには不向きです。信頼性を重視されるのならバックアップにはMOが最適です。MOはまた別の機会にコメントするとして、今日はUSBメモリーが物理的に壊れた時のデータ復旧について書きます。
USBメモリーをパソコンに挿し、何も反応が無い場合は、コントロールパネルの中のコンピュータの管理のディスクの管理を見ます。ドライブとして認識していれば、安価に復旧できる可能性がありますが、見えないようなら物理障害が発生しています。
コントローラーが不良の場合とメディアチップ自体が不良の場合がありますが、コントローラーが不良の場合は、分解してメモリーチップ自体をデータ復旧装置に直接読ませます。
メモリーチップ自体が不良ならどうしようもありません。死んでいます。その場合は諦めて下さい。