玄人志向の外付USB接続のハードディスクが壊れたのでデータの復元して欲しいとの依頼で持ち込みされました。
ハードディスクは2個でRAID1の構成(ミラーリングと言います)がされており、フォーマット形式はNTFSでした。バッファロー製等のNAS(LAN接続の物)はOSがLinuxですのでフォーマット形式がNTFSでは有りません。従ってWindowsのPCへ接続してもデータは見えません。
ハードディスクを取り出して診断装置にかけた結果、2個共が劣化しています。不良セクターが多数あります。
不良個所を飛ばしてイメージファイルへ変換バックアップし、正常なハードディスクにコピー戻す事で解決する事ができました。
RAIDだからと言って壊れない訳ではありません。1個目が壊れたら前面のランプで警告してくれます。(通常はグリーンですが異常時は赤です)1個目が壊れた段階で交換されればデータ復旧の必要はありません。ミラーリング方式での記録ですので。