USBフラッシュメモリーは価格が手頃で衝撃に強い事からデータの持ち運びや大切なデータのバックアップに良く利用されています。価格は去年まで下がり続けてきましたが、今年に入ってからは円安の影響で多少高くなっています。販売量に比例して障害も増加傾向です。
一般的な故障の原因はコントローラーの不良です。データを保存しているマイクロチップは故障していない事が多いです。

今日は、壊れたコントローラーをドナーUSBメモリーから抜き取り交換しました。運良くデータは全て復旧できました。こんなに上手くゆく事はそんなにありません。メーカー・型番・バージョンなど全てが同じで無いとこうもゆきません。