デジタルカメラで記録していた写真データを、カメラの操作を誤って削除してしまったようだ。復元できますか? というお問い合わせを頂きました。
「削除してしまったようだ」とは?「削除したかも知れない。削除ボタンを押した記憶が無い。」という意味だと思いますが、デジカメラの写真に限らず電子データは、削除ボタンを押していないにに突然勝手に消えてしまう。という事があります。データ復旧作業をしていますとこのような状態に良く出遭います。

これは障害が発生しているからなのです。操作を間違って削除した写真データを救出する方法と、勝手に消えてしまった写真データを救出する方法は異なります。前者の写真を救出するのには、削除された日時にファイル名が変更されたファイルを探せば復元ができる訳です。後者の場合は、メディアにはまだ削除されていない(存在する)データの内、見えなくなっているだけのデータを探せば復元できるのです。
結論:お客様からの申告が非常に重要となります。そうでないとお客様にとって不要な写真データばかり納品し、お客様が探してある写真データは納品できない。という事になります。
データ復元のお申し込みの際には、できるかぎり正確な情報をご申告下さい。