最近のSeagateがおかしい。去年の春頃からSeagateのハードディスクの障害でデータ復旧に持ち込まれる方が増えている。特にデスクトップや外付け用のハードディスクで3.5インチサイズのモデル。容量は2TBの物。型番はST2000DM001。まれにST2000DM003とST2000DL001も有る。症状は異音、認識無。
原因はヘッド(信号を読み書きする部品)破損によるプラッタ(信号が保存されている部品)障害。
プラッタのキズが大きい場合、ドナーハードディスクからヘッドを抜き移植しても再度破損する。結果はデータ復旧不可。
SeagateがSAMSUNGを吸収した頃からこのような状態となっている。
ST3000DM001もST2000DM001と同じシリーズですので同様でしょう。そもそも3TBは殆ど売れていないようなので当店に持ち込まれる事がありませんが・・・。
ハードディスクは最大でも1TBにしていた方が宜しいのでは、と思います。できれば500GBが最良です。