福岡市西区のユーザー様から外付けハードディスクのデータ復旧依頼を頂きました。

メーカー名はアイオーデータ機器で、シリーズはHDPC、HDD容量は1TB、症状は回転音がしない、1秒間だけジーという音がするがその後無音となる。

クリーン設備内で開封し、障害の原因となっているヘッド(読み書き部品)を交換し、論理領域の解析の結果、データ容量230GB、ファイル数81100個を納品する事ができました。

いつも思うんですが、データ量の割にハードディスク容量が大きすぎるユーザー様が多すぎます。

なぜ500GBを購入されないのでしょうか?

復旧率は容量が小さい高く、復旧納期も容量が小さい程早く、データ復旧料金も容量が小さな程安価なのです。

多くの方が、データ量が少ないので値引きして欲しいと希望されますが、データ復旧料金はデータ量では無くHDD容量に依存するのです。

1ファイルを復旧するのも10,000ファイルを復旧するもの同じ作業時間と同じコストが発生します。

一部のファイルだけを復旧して欲しいと希望されますが、例外を除き、データ復旧サービスでは全ての領域を復旧して初めて1ファイルが納品できるのです。

くれぐれも、1TB以上のデータを保存されている方以外の方は、2TB以上のハードディスクは使われない事をお勧めします。

1TBが必要な方も500GBを2台設置される事をお勧めします。