• 早い診断と見積り、初期診断10分

選ばれる理由

安心価格

福岡市内にはデータ復旧専門の他社が3店有りますが、「パソコンデータ福岡」のデータ復旧料金は大手2社の半額以下!

安心価格で明朗会計

  • 大手2社の半額(平均)
  • 某社の1/10の事も
  • SD : 6,800円~
  • PC : 16,000円~

復旧料金とその他費用を明確に分離!

  • 大手某社のような詐欺まがいの請求は致しません。
  • 「出張料無料」と広告し、復旧料に上乗せなし。
  • 「納品用HDDが無料」と広告し、復旧料に上乗せなし。
  • 「納品用HDD貸出が無料」と広告し、復旧料に上乗せなし。

復旧後でもキャンセル可能なメニュー有

  • 安心な「キャンセル可能」¥0

10分で初期診断

  • 予約電話30分後、直ぐに診断
  • 10分で見積り(解体除く)
  • 予算オーバーならキャンセル無料
  • 最短30分で復旧(状態と容量により)
  • お急ぎなら時間外も連続作業

高復旧率・高品質

  • データ品質は業界トップクラス
  • 復旧率は高額他社と同等
  • 他社で復旧できるファイルはパソコンデータ福岡でも復旧可能
  • パソコン修理店とは復旧率が違う
  • カメラ店とは復旧率が違う

重度障害対応

  • 論理から物理まで対応
  • 多くのメディアに対応

福岡で対面診断は安心

  • 福岡市での対面診断だから安心
  • 専門用語は使わず丁寧に説明

成功報酬

  • 希望されたデータが復旧できなかったら無料
  • ファイルリストを確認後にお支払い
  • ファイルの動作確認後にお支払い

料金が安い理由

他社比較:コスト構造の違い

  • 集客はホームページだけ(広告無)
  • 立地(家賃は福岡中心部の20%)
  • 少数精鋭(親族で運営)
  • 予約制(受付スタッフなし)

障害は軽度が多い

  • SD/USBメモリ論理障害データ復旧料の最多は1万円台
  • HDD論理障害データ復旧料の最多は3万円前後
  • HDD物理障害データ復旧料の最多は5万円前後
  • HDD2台構成データ復旧料の最多は7万円台
  • HDD4台構成データ復旧料の最多は9万円台

データ復旧チャンスは1回

1軒目の業者選びが重要です。

  • 悪〇業者や、ボッタ〇〇業者にご注意!
  • 検索サイトGoogleやYahooで自然検索結果より上部には広告サイトが表示されますが、過大な広告費は実質復旧料に加算されている事になります。

データ納期が早い理由

納期が早いご予約の時間にご来店頂きますと、10分後にはデータ納期の目安と見積額を提示させて頂きます。

データ納期をお急ぎなら、受付・見積り直後にデータ復旧作業をご注文頂ければ即開始させて頂きます。

但し、障害の程度・メディア容量・データ量・ファイル数によりデータ納期が変動します。

高速のデータ復旧装置を多数完備

ルーム写真1ハードディスク(HDD)8台の重度論理障害~軽度物理障害を同時にデータ復旧できる設備を導入済みです。

論理障害なら、HDD容量2TBが最短1日でデータ復旧できます。

物理障害の軽度ならHDD容量2TBが最短2日でデータ復旧できます。


安心な理由

福岡市南区井尻で診断10分

接客ルーム「パソコンデータ福岡」は福岡市南区井尻にて対面での見積りを受付と同時に行っています。(要予約)
経験豊富なデータ復旧スタッフが丁寧に説明させて頂きます。

ホームページには「福岡」と書かれているのに、事務所や作業所が福岡県には無かったり、福岡に受付スペースが有っても他社との共有スペースだったり、復旧設備が無かったり、データに関する知識や経験が無い業者が存在します。
会社概要やアクセスのページで作業所が福岡に在るかどうかご確認される事をお薦めします。


ファイルリスト提供

納品可能なファイル名をリストにしてメール送信又はネットにて提供するサービスです。
何も特別なサービスではありません。
ちなみに「パソコンデータ福岡」が調査した結果では、このファイルリストを提供されていないデータ復旧専門店は見当たりませんでした。

リスト提供タイミング

タイミング的に分類しますと3つのケースがあるようです。

  1. ハードディスクをパソコン又はデータ復旧装置経由で接続し、ファイルが見えれば即リストを抽出する。
  2. クローンディスク作成又はイメージデータ抽出後、ファイルが見えればリストを抽出する。
  3. クローンディスク作成又はイメージデータ抽出後、論復復旧後、リストを抽出する。

データ復旧完了前に障害メディアから直接ファイルリストを作成する事は絶対にやってはいけない事と理解しています。
データ復旧前のファイルリスト作成作業が原因で、「最後の1回かも知れない復旧チャンス」を逃がしてしまう事になりますので。

リスト提供は復旧成功後

仮にデータ復旧作業開始前にファイルリストが提供されたのなら、障害メディアから直接ファイルリストを作成された事になります。

超軽度の物理障害なら、障害ディスクから直接ファイルリストが作成できる事もありますが、データ復旧店の勝手なコストダウンによりお客様の大切なデータが消失するリスクがあります。

物理的に問題が有れば、まずその問題の処置を施した後、論理復旧作業が完了した時点で初めてファイルリストが作成できる訳です。

「ファイルリストを閲覧後に、データ復旧を申し込むか、キャンセルにするか、を指示して下さい」という業者がありますが、リストが提供された時点でデータ復旧作業は既に完了しています。納品用ハードディスクにファイルを書き込む直前の状態なのです。

いくら高額でも発注される覚悟ならそれでも構いませんが、見積額によって依頼するかを検討されるおつもりなら、ファイルリストが提供されるまで預けられる事は危険です。

データ復旧のチャンスは1~2回の事が多い事をご認識下さい。

リストだけで安心?

ファイルリスト提供サービス」は安心できるサービスでしょうか?

「ファイルリスト」とは、「再利用が可能なファイルのリスト」ではなく、「納品可能なファイルのリスト」です。つまり「破損して再利用不可能なファイル+破損していない正常なファイルのリスト」なのです。

そこで、当店では追加のサービスとして、「ファイルの動作テスト」を行い結果をご報告させて頂くサービスをしています。

このサービスの組み合わせで初めて安心して頂けるのではないでしょうか?

価格優先メニューと安心優先メニュー

データ復旧業者には「キャンセル無料」の業者と「キャンセル不可」の業者が存在します。
どちらが良いかは一概に言えませんが一長一短です。お得なのはキャンセル不可です。

キャンセル無料の業者

大手のデータ復旧業者の多くは、作業が完了後でもキャンセルが可能ですが、データを購入される事になった場合、データ復旧価格がそもそも高額な設定となっています。メリットとデメリットがあります。

キャンセル不可の業者

初期診断直後(見積り価格提示直後)にはキャンセルが可能ですが、復旧作業完了後にはキャンセルできない業者です。
価格が安いメリットがあります。お薦めです。

当店は見積り後にお客様に選択頂けます。


必要十分なセキュリティ

データ保管用金庫
防犯カメラ1防犯カメラ2
防犯カメラ2

  • 防犯カメラ設置
  • 無線セキュリティ付きドアキー
  • 警備保障24時間監視
  • 火災報知器と消火設備
  • バックアップデータの保管用金庫

障害メディアは返却

お客様からお預かりしたハードディスクやUSBメモリー等は基本的に返却しますので安心です。

廃棄処分をご希望の方は無料ですのでお申し出下さい。

某社のパンフレットによりますと、返却を希望されたお客様はデータ復旧料金が高額のメニューへ変更されるようです。


キャンセルなら即返却

初期診断後のキャンセル

パソコンから取り外されたハードディスクをお持ち頂いた場合、10分間の無料診断後、見積額を提示できます。金額と納期にご納得頂けない場合、ハードディスクは即お持ち帰りできます。

パソコンをそのままお持ち頂いた場合、ハードディスクの取り外しが数分間で完了するモデルは、解体代行を無料で行います。

ハードディスクの取り外しに時間がかかるモデルは、お預かりさせて頂いて見積りさせて頂きます。

解体が困難なモデルでも、再組み立てが不要なら解体代行が無料です。
データ復旧をお申し込み頂いた場合、一般的なモデルは解体代行料はデータ復旧料に含まれています。つまり無料です。

復旧完了後のキャンセル

データ復旧に成功した場合、納品可能なファイルのリストを提示させて頂きますが、
福岡市内のデータ復旧店の一部は、見積作業を福岡県外で作業されているため、キャンセルを希望されても福岡に物が無いため返却迄に日数がかかるようです。
本部や本社が福岡県に無い業者の場合、福岡で見積り作業をしていない可能性が高いので、ご確認される事をお薦めします。

「宅配分での引き取りが無料」にはご注意!。「得した」と勘違いされると、きっと後悔されます。運送料1,000円前後はデータ復旧料金に上乗せされ40万円請求される事も!


データ保管は7~14日間

バックアップデータ保管
復旧済データは7~14日間保管が可能なので安心です。


勝手に開封しません

ハードディスクの場合、ヘッド交換等が必要な重度物理障害の場合、金属のカバーを開ける事を「開封」といいます。

開封する必要が無い状態なのに開けてしまう業者が在ります。

お客様都合でキャンセル返却を要求された後に、いたずら目的で開封する業者も在ります。

開封は最後の復旧手段です。開封歴のあるハードディスクは復旧率が低下します。

「パソコンデータ福岡」では、開封の目的とリスク等を説明し、お客様の同意無く開封する事は決してございません。


高復元率の理由

データ復旧装置リバースクローン
データ復旧装置イメージ
データ復旧装置イメージ
データ復旧装置イメージ
USBメモリー復旧道具1
USBメモリー復旧道具2

高復旧率の復旧設備を完備

データ復旧ボード
メモリー用データ復旧装置
世界最高レベルの復旧装置や修復装置を4機種とデータ復旧専用クローン設備を多数導入しています。

データ復旧専門店は、トラブルのあるハードディスクから直接データを抽出するような危険な行為はしないのが常識ですが、パソコン修理店では危険なダイレクトファイルコピーを行われています。

当店は物理障害の可能性があるHDDからのデータ復旧では、必ずクローンHDDを作成した上で作業を行います。
そのクローン作成の課程でいかに元のハードディスクにより近い物を作成できるかが復旧率を大きく左右します。

他社で部品交換が必要と判定された多くのケースで、当店では部品交換をしなくてもデータ復元が可能です。


熟練スタッフが診断と復旧作業

ハードディスク(HDD)で重度の復旧作業は、経験15年の熟練スタッフが作業しますのでご安心下さい。


開封はクリーン環境内

開封部品交換修理が必要な場合、埃りの影響による復旧率低下のリスクが少ない「クリーンブース/クリーンベンチ」内での復旧作業を行いますのでご安心下さい。


USBやSDメモリーの物理障害

USBメモリーの折れや曲がりは、「データ復旧チャンスは1回」を逃がさない為に、顕微鏡で基板の破損状態を見て最適な復旧方法を検討しています。
多くはメモリーチップを基板から分離しイメージデータを抽出・解析を経てデータ復元を試みます。


業者により結果が違う

その状態は最後の復旧チャンスかも知れません。ハードディスク(HDD)の論理的トラブルは物理的トラブルに比較して手を出しやすいためパソコン修理業者や設定業者も復旧作業を行われています。物理障害はむやみに通電してはいけません。通電の毎に状態は悪化します。

しかし、業者毎に復旧設備や経験や知識が異なるため結果も異なります。「何処でも同じ」では無い事をご理解下さい。

パソコン販売店・設定屋さん・修理屋さん・カメラ店さんは論外です。復旧ファイル数と納品データの質が違います。

障害の状態は千差万別ですから当店では多数の復旧方法の内、複数の最適なツールでデータ復旧作業を試み、1ファイルでも多くのファイルを復元します。


無料診断の落とし穴

論理障害を重度物理障害と偽り、高額を見積る大手復旧会社が実在しますので要注意です。

「無料宅配引き取り料金が無料」に騙され安易に無料診断に発送されますと、1回限りの復旧チャンスを逃します。


クレジットカード対応

クレジットカード払い可
急な出費に便利
6社のカードに対応済ですが可能な限り複数枚お持ち下さい。条件有


宅配便のお薦め

福岡県の他に佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県、宮崎県、山口県、島根県、鳥取市、広島県、からも福岡作業所へ宅配便でお送り頂いております。送り先住所はホームページに掲載していませんのでお問い合わせをお願いします。

福岡市の他、糸島市、春日市、大野城市、筑紫野市、古賀市、福津市、宗像市、北九州市、田川市、飯塚市、直方市、嘉麻市、鳥栖市、朝倉市、日田市、久留米市、八女市、みやま市、柳川市、那珂川町からは福岡診断所へ直接ご来店をお薦めします。但し予約制とさせて頂きます。

機密データが保存されている機器が社外に持ち出せない企業様に限り、福岡市南区から10km以内は出張も可能ですが、そもそもデータ復旧サービスが出張先で可能なのは軽度障害のみです。