MACのデータ復旧

MACのデータ復旧料金はWindowsPCの5割増

iMACのHDDデータ復旧は解体難度が高い

Windowsの市場シェアは2022年現在84%台です。ちなみにLinuxが8%台、Apple(アップル製)MAC(マック)OS搭載PCシェアは7%台のため標準料金の対象外とします。

SSDモデル、及び2016年以降モデルは[復旧が困難]ですが主な理由は以下の通りです。

  • 殆どのMACに内蔵のメディアはSSDですが、モデルにより仕様が変更されています。
  • HDDやSSDを筐体から取り外す迄の解体が困難。解体の手順が統一されていない。同じシリーズでも複数のバージョンが存在する。
  • 2016年以降のMAC OSのバージョンはAPFS暗号化フォーマットされています。
  • Mac Book Airは2018年モデル以降はSSDが取り外せない仕様です。
  • Mac Book Proは2016年モデル以降はSSDが取り外せない仕様です。
  • パスワードでロックされている方が多い。破損した場合復元が困難。
  • Windowsに比較して、ファイルの転送速度が遅い。
    MACの「写真」フォルダに保存された画像ファイルはコピー速度が超遅い(1ファイルのコピーに約1分程度)場合がありデータ復旧の対象外となります。その他のフォルダの一部もiPhoneやiPadを接続された事があれば作業速度が超遅くなるようです。
  • 復旧設備はWindows又はLinux用が基本ですからMACは作業工数が増える。
  • MACはWindowsに比較して復元方法の選択肢が少ない。
  • 2015年迄のモデルでOSのアップグレードされていない場合、HDDに限り復旧受付対象ですが割増となます。
  • MACで暗号化無で申込され、結果として暗号化だった場合は、解除パスワードが提示頂けないため復旧出来ませんので違約金10,000円となります。
  • MACのデータ及びiPhoneのデータが含まれている場合、FAT32/exFATであっても割増となります。
  • MACのキャッシュデータは納品対象外ファイルとなります。
  • iPhoneと同期されていたMACのデータは納品対象外となります。
  • iPhoneは暗号化されていますからデータ復旧不可能機器です。
パソコンデータ福岡 ご相談とご予約。パソコンデータ福岡の携帯電話番号は090-3689-6972及び固定電話番号は050-3597-2468

AppleのMAC

2016年以降のApple MAC Book Pro及び2018年以降のMAC Book Airは、データ復旧が困難です。詳細は以降に別途解説しています。


MACはデータ復旧が困難

2024年6月現在、2018年以降のMAC Book Air(例外を除き)及び2016年以降のMAC Book Proはデータ復旧が困難です。

MAC内蔵SSDは割増料金

MAC内臓用SSDはWindows用SSDと互換性がなく基本的に復旧が困難なためWindows用SSDの50%増~2倍料金としています。
MAC Book Airの内、2018年以降のモデルはデータ復旧が困難
MAC Book Proの内、2016年以降のモデルはデータ復旧が困難


受付できる可能性があるMAC

  • 電源が入り事
  • マザーボードが正常である事
  • ディスプレイが正常である事
  • SSDをドライブとして認識している事
  • OSが起動するかどうかは無関係
  • SSDがマザーボードから取り外せるかどうかは関係なし
  • 暗号化解除はオプション

MACのデータ復旧料金は、Windowsの2倍とします。

USB接続やLAN接続のHDDの内、暗号化なしフォーマットの自然障害は受付対象です。

  • Mac Airは2018年以降モデルはデータ復旧不可
  • Mac Book Proは2016年以降モデルはデータ復旧不可
  • 2016年以降のMAC(OS含む)はAPFS暗号化されている
  • iPhoneと同期されたMACは復旧に要する日数が超長い
  • MACの場合、ファイル名文字数のルール違反が多い
  • MACフォーマットはWindowsより超手間がかかるため5割増料金となります
  • SSDのファイル削除障害発生後20分以上は復旧受付可
  • HDDのファイル削除障害発生後1時間以上は復旧受付可
  • SSDのフォーマット障害は容量500kb未満のファイルのみ復旧
  • 筐体の解体が困難でないモデル
  • 障害発生直前、暗号化されていない事を確認済の場合

mSATA
mSATA

MACシリーズと年式別対応表

タイプ 年式 復旧可否
Mac Book Air 2017
2018 ✖SSD直付
2019 ✖SSD直付
2020以降 ✖SSD直付
Mac Book Pro 2015
2016以降 ✖SSD直付
2016/2017/TouchBar無13インチ
2018 ✖暗号
2019 ✖暗号
2020以降 ✖暗号
Mac Book 2009
2015以降 ✖SSD直付

・SSDがマザーボードに直付のため取り外せない、及び暗号化されています。

2015年以前のモデル別対応表

年式 復旧
可否
ピン数 接続
2010年 MAC専用6+12 SATA
2011年 MAC専用6+12 SATA
2012年 MAC専用18+8 SATA
2013年 MAC専用16+12 PCIe
2014年 MAC専用16+12 PCIe
2015年 MAC専用16+12 PCIe
2016年 × MAC専用 PCIe

Touch Bar搭載モデルは2016年から発売されましたがデータ復旧できない設計となっている問題があります。
2018年以降のTouch Bar搭載モデルは暗号化されているためマザーボードが壊れたらSSDが壊れていなくてもデータ復旧できない仕様です。


Macモデル別 M.2 PCIe-SSD

Apple MacBook Pro
Mid 2015 15 MJLT2J/A PCIeSSD
15 MJLQ2J/A PCIeSSD
Early 2015 13 MF841J/A PCIeSSD
13 MF840J/A PCIeSSD
13 MF839J/A PCIeSSD
Mid 2014 15 MGXC2J/A PCIeSSD
15 MGXA2J/A PCIeSSD
13 MGX92J/A PCIeSSD
13 MGX82J/A PCIeSSD
13 MGX72J/A PCIeSSD
Late 2013 15″ ME294J/A PCIeSSD
15″ ME293J/A PCIeSSD
13″ ME866J/A PCIeSSD
13″ ME865J/A PCIeSSD
13″ ME864J/A PCIeSSD
Apple MacBook Air
2017 MQD42J/A PCIeSSD
MQD32J/A PCIeSSD
Early 2016 MMGG2J/A PCIeSSD
MMGF2J/A PCIeSSD
Early 2015 MJVG2J/A PCIeSSD
MJVE2J/A PCIeSSD
MJVP2J/A PCIeSSD
MJVM2J/A PCIeSSD
Early 2014 MD761J/B PCIeSSD
MD760J/B PCIeSSD
MD712J/B PCIeSSD
MD711J/B PCIeSSD
Mid 2013 MD761J/A PCIeSSD
MD760J/A PCIeSSD
MD712J/A PCIeSSD
MD711J/A PCIeSSD


SSDのデータ復旧料金_軽度~中度

SATA(シリアル・エー・ティー・エー)

SATAとは一般的なHDDと同じ形状です。

復旧料金(円)

SATA 512G 1TB
キャンセル 4,000
取出蓋無 見積
暗号化 33,000~66,000円
軽度 50,000 60,000
中度 80,000 100,000

M.2-SATA(エムドットツー・シリアル・エーティー・エー)

  • SSD専用の形状で、主にSATA仕様とPCIe仕様が存在しますがSATA接続の物です
  • [NGFF]や[mSATA]とも呼ばれています

復旧料金(円)

mSATA 512G 1TB
キャンセル 4,000
取出蓋無 見積
BitLocker 33,000~66,000円
軽度 60,000 70,000
中度 90,000 110,000

M.2-NVMe(エムドットツー・エヌブイエムイー)

復旧料金(円)

  • NVMeとは接続がPCIe転送の物でSATAと比較して速度が速い仕様で相当な高熱を発します
NVMe 512G 1TB
キャンセル 4,000
取出蓋無 見積
BitLocker 33,000~66,000円
軽度 70,000 80,000
中度 100,000 120,000

パソコンデータ福岡 ご相談とご予約。パソコンデータ福岡の携帯電話番号は090-3689-6972及び固定電話番号は050-3597-2468