MAC-OS搭載パソコンに内蔵のハードディスクから、データを救出・復元・復旧・修復する料金に付いてのページです。

MACの復旧料金は何で決まる?

MACパソコンのデータ復旧料金は以下の要素で見積りさせて頂きます。

  1. フォーマット形式(HFS/HFS+):HFSはMAC専用のためWindowsより高い
  2. HDD容量:容量が多い程高い
  3. データ容量
  4. 障害の程度(軽度/中度/重度)
  5. パスワード有り
  6. 他社修理歴
  7. 他社修復歴
  8. 他社開封歴
  9. お急ぎの方:別ページ参照
  10. 個人/法人

料金に関する無料サービス

一般的なハードディスクが対象です。
解体が困難モデル(iMACで2014年以降のモデル)は有料となります。

最近のMAC-OS搭載ノートパソコンはハードディスクの代わりにSSDが搭載されてるモデルが多いです。

  • 初期診断が無料
  • 納品時の運送料が無料
  • 納品用メディアの持込料が無料(フォーマット済HDD)
  • HDD交換+データ復旧をお申込みに限りパソコンへのデータ書き戻しが無料
  • 復旧できなければ無料
  • 2台復旧は片方無料(片方納品)
  • ファイルリスト提供が無料
  • ファイルのオープンテストが無料
  • データ納品時のオープンテストが無料
  • 1~2週間データバックアップが無料

このページのデータ復旧料金はハードディスクが内蔵されたMACパソコンが対象です。


データ復旧料金

軽度論理障害(他社のレベル1、軽度)

  • システムファイル損傷でOSが起動しない
  • ウイルス感染でOSが起動しない
  • 真っ暗の画面にマウスポインターだけ見える
  • ウイルス感染で動作が超重い
  • 電源が入らない(電源/マザーボード)
  • 画面が真っ暗(液晶不良)
初期診断 ¥0
面会受付 最短30分後
持込時診断
最短納期 30分
平均納期 1日
特急納品 オプション
暗号化 オプション
データ量 ~300G
個人様 消費税不要
HDD容量↓ 復旧料金↓
~100G 26,000
~200G 28,000
~500G 30,000
1T 35,000

状態とデータ量によりデータ復旧料が安価となる事が有ります。

誤操作によるファイル削除は全領域の検索が必要ですから対象外となります。

データ量が4GB未満なら納品メディアはDVD-Rを1枚のみ無料です。

データ量が多量なら納品メディアはUSB外付HDDです。

復旧をご希望の基本フォルダ名を検討される時間は20分以内に限ります。決まらない場合(タイムオーバー)は全ファイル納品となります。


重度論理障害(他社のレベル2、軽度/中度)

  • ファイルシステム損傷
  • 初期化
  • 「フォーマットしますか?」の一部
  • 文字化け
  • コピー中エラー表示

某2社の75%OFF

初期診断 ¥0
面会受付 最短30分後
持込時診断
最短納期 30分
平均納期 1日
特急納品 オプション
暗号化 オプション
データ量 ~300G
個人様 消費税不要
HDD容量↓ 復旧料金↓
~200G 39,000
~500G 43,000
~1T 49,000

データ容量が300G迄の価格で、超える量は超える量は割増料金となります。フォルダを指定(最大10)して頂く事で容量が減らせます。

ハードディスクの全領域を検索しなくても、復旧をご希望のファイルが取り出せる状態なら、データ量が少ない程、復旧料金は安価となり、価格表の最低額(左の価格)となります。基本フォルダの選択によりデータ量を抑える事が可能です。

全領域のスキャン後に復旧結果が判明する状態なら最高額(右の価格)となります。

論理障害を物理障害と偽り、高額を見積る大手復旧専門会社が実在しますので要注意です。


軽度物理障害(他社のレベル3、中度)

  • MACパソコンが起動しない症状の一部
  • ハードディスクドライブが見えない症状の一部
  • ファイルシステム情報(HFS+)が見えない。
  • パーティションがなくなった。
  • ウイルス感染によるファイル損傷。
  • 不良セクター
  • 軽度物理障害時のデータ復旧料金は、ハードディスク容量により計算させて頂きます。データ容量は関係ございません。
初期診断 ¥0
面会受付 最短30分後
持込時診断
最短納期 30分
平均納期 1日
特急納品 オプション
暗号化 オプション
データ量 ~300G
個人様 消費税不要
HDD容量↓ 復旧料金↓
~200G 55,000
~500G 60,000
~1T 70,000

パスワードでロックされていない場合の価格です。


中度物理障害(他社のレベル3、中度/重度)

初期診断 ¥0
面会受付 最短30分後
持込時診断
最長納期 30日
特急納期 不可
容量 制限無
個人様 消費税不要
HDD容量↓ 復旧料金↓
200G 80,000
500G 90,000
1T 120,000

パスワードでロックされてない場合の価格です。

中度 物理障害

  • 物理的不良セクターが多くイメージ抽出に日数を要する。
  • 修復装置にて物理的修復が必要。
  • 重度論理復旧も必要。
  • 異音がしている(軽い)
  • 部品交換が不要。
  • 納期 : HDD容量と障害の程度次第(4~7日)

ハードディスク内の全てのデータを納品させて頂く事をお薦めしますが、Document/Picture/Music/Video/DeskTop/メール等の基本フォルダ指定も可能です。
但し保存場所が判らない方は全てのデータの復旧をお申し込み下さい。料金は同じです。


重度物理障害(他社のレベル4、重度)

ヘッド交換無しではイメージデータが抽出できない状態。
上限価格となります。部品の交換数による加算は有りません。

初期診断 ¥0
面会受付 最短30分後
持込時診断 無料
開封調査 受付時契約
納期 6~10日
データ量 無制限
個人様 消費税不要
HDD容量別 見積り

ご来店で見積り確定までは無料です。予算オーバーなら無料でキャンセルできます。

HDD交換修理と同時にデータ復旧のご注文を頂ければ、パソコンへ復旧済データを書き戻す作業も含まれています。但し新品のパソコンで初期設定が済んでいる物に限ります。

重度物理障害とは?

  • モーターの回転音がしない
  • 他のMACに接続してもドライブとして認識されない
  • クローン装置でドライブを認識できない
  • 開封しヘッドの交換が必要
  • モーター障害によりプラッタの移植が必要
  • 落下による衝撃で認識しなくなった
  • 横倒しによる衝撃で認識しなくなった

重度 物理障害

  • 落下した(データが大切であれば落下後には絶対に通電されないで下さい。通電されると復旧不可の原因となります。)
  • 冠水した
  • PCB基板(プリントサーキットボード)不良
  • BIOSでドライブを認識していない
  • 異音がしている(カチ、カチ、カチ・・・・)
  • 異音がしている(ザー~・・・)
  • 回転音がしていない(モーター不良やヘッド貼りつき)
  • 最初は回転音がするがその後回転が停止する
  • 不良セクタが多くクローン作成ができない。
  • 高度データ復旧装置が必要
  • クリーン設備内でヘッド交換等が必要
  • プラッタ障害
  • 暗号化(データ復旧できないような仕様)にされていない事

判定基準の違いにご注意

他社判定は重度が多過ぎ

当店で軽度と判定したHDDが某社さんでは重度でした。
当店で中度と判定したHDDでも同じく重度でした。
つまり重度が多過ぎですね。このような判定では高額料金となるはずです。

診断装置の判定結果

ハードディスクの物理障害からのデータ復旧作業にほぼ全業者で利用されているプロ用装置はPC-3000です。
表はその装置で判定される場合の色分けによる障害レベルの判定結果です。
この表は、某他社さんが初期診断結果とされユーザー様へ配布されている資料を元にまとめたものです。

この某社では、案件の90%を重度と判定されている事になります。

当店では軽度+中度が90%で、重度は10%以下です。

データを消失して困っているユーザーに対し、このような手口で高額な復旧料金を請求する業者が多く存在する業界である事が残念な業界です。

多い社員数、高価な立地、豪華な見積書、多量のネットでのクリック型広告、等がデータ復旧料金を押し上げています。

その高額なコストは実質お客様が復旧料金としてお支払いされている事に気が付かれる事を望みます。

判定違いによる例

一例ですが、当店判定レベルが3・見積りが5万円の案件で、某他社の判定レベルが4・見積り80万円でした。
この案件では、ユーザー様が復旧キャンセルを申し出られた直後、80万円だった見積りが半額の40万円に修正されたそうです。

さらに、「納期を1ケ月待てば20万円に値引きできるかも?!」と提案されたそうですが、見積額が大きくぶれる業者は信用できない、と思われたそうで、当店へ再度持ち込まれました。

重要!業者選びの順番

物理障害の場合、各業者で診断する度にデータ復旧率は低下します。
状態が悪化している場合、チャンスは最後の1回の事も有りますので、まず当店の無料診断見積サービスをご利用頂き、初期判定や復旧結果に不満な方は他社へ持ち込まれるという流れをお薦めします。

1番診断店に当店を選択頂くメリットですが、基本的に10分間の初期診断作業のみで価格を提示させて頂きます。

他社の半数は復旧作業が完了後に見積りを提示されます。
その復旧作業で元々障害が有るメディアはダメージを受けます。当店を2番目診断店として持ち込まれた時には既に障害が進行している事がよく有ります。


MAC PCについて

対象機器

  • MAC-OS搭載ハードディスク内蔵パソコン(料金はこちらをクリック)
  • MAC専用フォーマットUSB外付けハードディスク
iMAC MAC-Book  USB接続の外付ハードディスク  ハードディスク

フォーマットの種類

  • HFS+(MAC専用)
  • NTFS(Windowsフォーマットを読みだけ可能)
  • FAT32(WindowsとMAC兼用)

現在販売されていますMAC-OS搭載のパソコンに内蔵ハードディスクはHFS+でフォーマットされています。

USB外付けハードディスクはMACでフォーマットするとHFS+となります。

WindowsパソコンとMACパソコンの両方で読み書きされたい方はFAT32が便利ですが、現在は販売されていません。
FAT32の代わりとしてexFATが利用できます。MACにNTFSドライバーをインストールする方法もあります。


データ移行とデータ救出

当店では、さらに「障害なし」「データ移行・データ救出」を設けています。
システムファイル損傷など「パソコンが起動しないがハードディスクには障害がない」という症状の一部は論理障害料金より安価なデータ救出料金でデータ復旧できます。

  • MACの電源不良
  • マザーボード不良
  • システムファイル損傷(MAC-OS)
  • その他(ハードディスク以外)の部品故障

見積り無料の対象は?

  • 2013年迄に販売されたiMAC
  • MAC Book Pro
  • MAC Book Air
  • インターフェース(接続端子の種類)はIDE(昔のパソコン用)とSATA(現在のパソコン用)
  • フォーマット形式はHFS
  • データが暗号化されていないハードディスク
    (MACアカウントのログインパスワードは関係ありません)
  • セキュリティロックされていないHDD。
  • データ消失後、上書きはしていないHDD。
  • 消失日時が明確なHDD。
  • データ消失に関わった人が明確なHDD。
  • 他業者で開封や基盤交換されていないHDD。
  • パーティションを削除してしまった。
  • パーティション情報の損傷
  • 別のHDDと間違ってフォーマットしてしまった。
  • OSリカバリーをしてしまた。
  • フォーマットを要求されたのでフォーマットしてしまった。
  • フォーマット情報の破損

重要!:何もしないで、無料診断を受けられる事がお薦めです。
上書きをされた場合はお受けしていません。

データ復旧のお申し込み時に下記の申告が必要です。
フォルダ名/ファイル名/作成されたアプリ名/拡張子
作成日/削除時刻

何かされますと、せっかく救出できるはずの大切なデータも上書きされ復旧できなくなります。

MACの電源は今すぐにお切り下さい。

インターネットへ接続されるだけでも状態は悪化しますので至急遮断して下さい。

データ復旧時間は、HDD容量に比例します。

データ復旧が完了する迄はデータ保存容量が判りません。


解体について

2014年以降に販売されたiMACパソコンの場合、ハードディスクを取り外す際、傷を付けないでの解体が困難です。
従いまして、データ復旧後に再度iMACを使用されるご予定なら、軽度物理障害迄に限りキャビを解体せずにデータ復旧を試みます。
解体できない理由は、ネジが1本も使われていなく、再利用が不可能な粘着テープで接着してあります。分解と組み立てが困難な構造のためリスクを伴うためです。

MAC Airは、特殊な工具が必要です。キャンセルの場合、解体料金(再組み立ての場合、再組み立て料)が必要です。
SSDモデルはも同様です。


その他のご注意

このページは、MACパソコンに内蔵ハードディスクの内、1台構成のHDDの復旧料金です。
プラッタ(データが記録された部品)サイズは2.5インチ又は3.5インチが対象です。

データが破損して保存されていたファイルは破損したまま抽出し納品させて頂きます。
データ修復「ファイル修復」は別メニューとなります。
ファイル修復」とは? 開けないファイルを開けるように修正する事です。データ復旧サービスの範囲ではありません。
EXCEL/WORD/PowerPoint等マイクロソフトのOffice、及びデジカメ画像は修復作業で復活する事があります。

当店はMACパソコン教室ではございませんのでデータの再利用の仕方やアプリのインストールや設定などはサポート外となります。

データ復旧や救出したファイルをマイドキュメント等に書き戻しても動作しないソフトがあります。 動作しない場合は仕様ですのでソフトメーカーやアップル(Apple)でサポートを受けられて下さい。
データのインポート(パソコンへの書き戻し作業)はデータ復旧料金には含まれません。 ソフトや環境によってはオプションで作業できる事がありますのでご相談下さい。出張でのサポートは基本的にしておりません。

暗号化されているハードディスクからのデータ復旧はお申し込み時に申告があった場合のみ別途有料での復旧をお受けしています。申告無しでお預かりし、復旧の結果暗号化されている事が判明した場合は、所定のお客様都合キャンセル料を請求させて頂きます。

「データ復旧サービス」 は壊れているメディアのデータを新品のメディアに移し替えるサービスですので機器の修理は含みません。

内蔵HDDをデータ復旧して納品メディアは外付けHDDとなります。OSが起動したり、アプリケーションソフトが正常に動作する事はありません。他の業者様も同様です。起動する事をご希望ならパソコンの修理を別途お申し込み下さい。

復旧に成功した場合、キャンセルはお受けしていません。

トラブルが発生しているハードディスクはMACや外付ケースから取り出して頂くのが理想ですが、ユーザー様ご自身での取り出しが困難な場合は、当店で代行できる事があります。
プラスティックの劣化、メーカーの設計の問題、分解を想定されていないモデル等、様々な理由により別のトラブルとなる事がありますが、内容に関わらず当店は一切の責任を負いません。ご納得頂けない方はご自身でケース解体後、ハードディスクのみをお持ち込み下さい。


SSD搭載モデル一覧

このページはハードディスクのデータ復旧料金のページです。
以下のモデルはSSDが搭載されていますので別ページでご案内しています。
SSDのデータ復旧料金はSSD専用ページをご覧ください。

MacBook Pro

2013年version

(型番)A1398 A1502 (ME864 ME865 ME866 ME293 ME294)

2014年version

(型番)A1502 A1398 (MGX72 MGX82 MGX92 MGXA2 MGXC2)

2015年version

(型番)A1502 A1398(MF839 MF840 MF841 MGXA2 MGXC2)

MacBook Air

2012年Version

(型番)A1465 A1466 MD223 MD224 MD231 MD232

2013年~2014年version

(型番)A1465 A1466(MD711 MD712 MD760 MD761)

2015年version

(型番)A1465 A1466(MJVM2 MJVP2 MJVE2 MJVG2)