クローンサービスとは

HDDやSSDを丸ごとコピーする作業を「クローンサービス」といいます。

セクター(OSが管理する最小単位の事)コピーとも言います。

クローンディスクの用途

ディスク容量不足となった場合、OSの再インストールをせずに、大容量のHDDへ移行できる。

クローン元がOS起動できていれば、クローン先も起動できます。

クローン元のディスクに不良セクターがあればクローン先にのセクターには「ゼロ」を書き込みジャンプします。

クローン先のディスクに不良セクターがあればコピーを停止します。

容量が大きなディスクから小さな容量にはクローンできません。1セクターでも小さいと開始できません。

1セクターが512kbバイトのディスクから4096バイト(4クロセクターと呼ばれています)のディスクにクローンした場合、クローンは可能ですが、正確なコピーではありません。4096バイトから512バイトへのコピーでも同様です。

正常に起動できる状態のディスクを作成後にクローンして保管すれば、クローン元のディスクが故障した場合にいつでもクローンへ交換できます。

状態を確保して置きたい場合に利用できます。

クローン料金表

データ量は関係ありません。

ディスク容量 料金
500GB 7,000
1TB 10,000
2TB 15,000
3TB 19,000
4TB以上は1TB毎加算 3,000
免責1:クローン元と先のサイズ違い 2,000
免責2:クローン先が不良セクター 2,000

免責

クローン元ディスク内のデータは一切保証しません。ファイルコピーバックアップ後にお持ち込み下さい。
お客様でクローン先ディスクをご準備され持ち込まれた場合、クローン元と容量が一致しない場合がありますが、その場合調査手数料として2,000円を申し受けます。

ディスクに500GBと記載があっても500GBであるとは限りません。例えば490GBの場合500GBと表記されます。この場合、489.9GBのディにはクローンできません。

クローン元に論理障害がある場合、クローン先にも論理障害の状態でクローンされます。

クローン先に不良セクターがあった場合も2,000円の請求となります。

ファイルコピーとの違い

ファイルコピーはフォルダやファイルを選択してコピーする事です。

全てのファイルを選択してコピーした場合、論理コピーは可能ですが、物理コピーではないためデータ的にコピー元とコピー先が同じではありません。

イメージコピー

コピー元のデータをコピー先にコピーする事です。クローンと似ていますがクローンとは違います。拡張子は作成する機器により様々です。ディスク全体を1個のファイルにまとめる事もできますし、指定した容量毎に分割する事も可能です。
例えばAの機器で作成したイメージファイルはBというソフトでフォルダやファイルとして閲覧できます。