【修理】と【データ復旧】は同じ意味ですか?

実際には「修理」と「復旧」は別の意味です。

しかし、パソコンデータ福岡へお問い合わせ頂く方の多くが[データ復旧]の事を[修理]と思われていますし、注文される際にも「修理をお願いします」と言われます。

中には、[修理]を依頼すれば、同時にデータも戻る、と思われている方も一定数いらっしゃいます。

定義としては、[修理]は、故障したパソコンが動作しない原因となったパーツ(部品の集合体)を特定し新品と交換し正常に動作する状態にする作業です。殆どパソコンメーカーだけが行っている作業です。

[データ復旧]は、自分で作成・保存したデータ(フォルダやファイル)が読めなくなった場合に、新品のメディアにコピーしてファイルの再利用ができるようにする事です。パソコンメーカーはデータ復旧されていません。

パソコンの修理業者は一般的にデータ復旧はされていません。データ復旧業社は一般的にパソコンの修理はされていません。但しハードディスク交換はされている業者が一部あります。

診断・見積方法

質問:診断・見積りを依頼したいのですが、どうすればいいですか?

回答:ご予算により4つの方法から選択して下さい。

見積り予約メールフォーム、又は、お電話で予約をお願いします。

方法1:予約の電話→[福岡特急診断所]へ予約時間にお持ち込み→60~90分後に見積提示。特急診断料1,000円(2022年10月1日現在)。

方法2:予約の電話→[福岡無料診断所]へ予約時間にお持ち込み→20分後に見積提示。

方法3:予約の電話又はメールフォーム→[福岡無料診断所]へ予約時間にお持ち込み→2~24時間後に見積提示。

方法4:予約の電話→[出張]か[出張診断]か[出張復旧]かを選択して下さい。出張先での復旧は軽度障害に限ります。

時間は障害メディアだけをお持ち頂いた場合です。キャビ解体(筐体から障害メディアを取り外す)せずにパソコンごと持ち込まれた場合はモデルにより時間が異なります。解体が困難、又は、破損の弁償問題となる可能性があると判断した機器は解体代行をお断りす事があります。

◎診断も納期もお急ぎでない「個人ユーザー様」は宅配便がお勧めです。送料は往復2,000円を上限に当店で負担します。(一旦元払いで発送して頂きご注文頂ければ送料は復旧代から値引きします)


質問:持ち込み可能な時間は?

回答より安価なデータ復旧サービスをご提供させて頂く為に完全予約制とさせて頂いております。

お問い合わせが可能な時間は10時~21時となります。

もしスケジュールが空いていれば30分後に面会が可能です。

[診断・見積り]も[データ復旧]もお急ぎでない場合、「郵送や宅配便での持ち込み」をお勧めします。納品時の送料が無料です。



データ復旧料金について

質問:復旧料金はいくらですか?

回答データ復旧サービスでは固定料金にする事が不可能な業界です。メディア別・容量別・障害別・納期別の料金となっています。固定料金の業者は全国で1社も存在しません。


質問:[初期診断の作業]と[データ復旧作業]とは何が違うのですか?

回答:[初期診断の作業]では、料金や納期の目安と条件をご案内するのが目的の作業です。メディアをより痛めません。

[データ復旧作業]では、納品可能なフォルダ名とファイル名のリストを提供するのが目的の作業です。リストが作成できた際には既にデータ復旧作業は完了しています。後は納品用メディアへファイルをコピーするだけぼ状態です。


質問:初期診断で確実な診断ができますか?

回答できます。但し例外はあります。メディア容量が大きいモデル程、短時間での診断が困難です。


質問:初期診断だけで復旧料金が確定できない事があるのはどんな場合ですか

回答ちなみに初期診断作業だけで正確な判定ができる業者は存在しません。正確なデータ復旧料金と納期を確定するには、データ復旧作業の全工程を完了させる必要があります。物理障害の有無については少なくともディスク全体のイメージデータ回収後となります。メディアサイズが大きいい程、また、ダメージが大きい程日数がかかります。物理障害の場合、「より安価で」「より高い復旧率」のデータを確保するチャンスは1回です。

データ復旧作業で1回の復旧チャンスを失うより、初期診断で仮復旧料金見積りを提示させて頂き、「注文」か「キャンセル」のご判断を頂く方式の方が、お互いに合理的、且つ安全だと考えています。

[例]ご予算が3万円代の方に、20万円の作業を完了させる理由は存在しないと考えます。


質問:「復旧して欲しいデータは数ファイルだけですが値引きできませんか?」

回答障害があるメディアからの「データ復旧サービス」では、例外を除き、ディスク単位となります。

ディスク全体のデータ復旧成功後に、一部のファイルが選別できる状態となります。

データ量により料金が安くなるのはダメージがない状態に限ります。

一部のファイルを納品した場合、納品後にトラブルとなる事が多いため、基本的には「全てのファイル納品」を強くお勧めしています。


質問:データリストを観た上で【注文】か、【キャンセル】かを選択可能ですか?

回答データリストの提供は標準サービスです。

オープンテスト(ファイルが開けるかどうかのテスト)も標準サービスで、10ファイル迄が無料です。

リストを閲覧頂いただけで判断されても構いませんし、ご心配な方はオープンテストをお勧めしています。

データリストは、テキスト形式(メール添付)又はhtm形式(URLのみメールでご案内)で提供しています。

なお、診断だけでデータリストを発行する方法は存在しません。診断だけでデータリストを提供できるかのような内容が某社のホームページに記載が在るようですが嘘・偽りです。

重度物理障害の場合、申し込み時に申告済のファイル名がデータリストに表示され、開いた場合は成功となりキャンセルできません。

データリストだけで「正常なファイル」・「破損ファイル」の判定はできません。但し10ファイル迄なら状態をご報告できます。


質問:データリストを観て、その中からファイルの選択は可能ですか?

回答データ復旧サービスでは、99%の業者がメディア容量次第の料金です。福岡一番の安価ですから一部だけを納品する理由がありません。納品用メディア代金を節約が目的でしたら対応できますが、フォルダ、又はファイル数により選別料金が見積りとなります。


質問:[料金の安い業者]と[高い業者]は何が異なるのですか?

回答「パソコン設定屋さん」や「パソコン修理屋さん」は安価な業者が多いようです。

納品されたデータの質が違います。納品可能なファイル数、ファイルのオープン率、及び、ファイルのツリー構造が復元できない業者が多いのです。

論理障害の重度や物理障害からの復旧は、多くのケースで「復旧不可」として返却されています。

データ復旧設備を所有されていない事、データ復旧の知識や経験に乏しい事、等がその理由です。


質問:ボッタ〇〇業者やアク〇〇業者とは?

回答ボッタ〇〇業者とはデータ復旧料金が相場に比較して超高額な業者です。

軽度や重度など障害ランクは、その業者が独自に判定する事ですから比較する基準とはならない事に注意が必要です。

多くの業者が「軽度障害」と判定するメディアを「重度障害」と判定する業者が該当します。

アク〇〇業者とは、データ復旧料金が超高額である点はボッタ〇〇業者と同じですが、開封が不要な軽度障害なのに勝手に開封したり、診断結果を騙したり、復旧不可能な状態に壊す業者の事です。

ホームページでは「出張料が無料、納品用ハードディスクをプレゼント、納品用ハードディスクを無料貸し出し、往復の運送料が無料、データ復旧料が無料キャンペーン、等」誇大広告で誘導し、実際には超高額な見積りを提示する業者の事です。

「・・・が無料!」の広告を信用して無料診断を申し込みされますと、1回限りの復旧チャンスを逃がしてしまう事となります。

このような業者は、重要なデータが消失した事で精神的に混乱されているお客様の足元を見て、高額な見積りを提示してきます。

電話では「5,500円~」というような子供騙しの低価格で誘導し、無料宅配便を手配し、実際には80万円を請求されます。(某福岡の会社)

誤解のないように書きますが88万円を提示する業者全てがアクトク業者という意味ではありません。

1台に33万円以上を提示する業者はアクト〇業者が可能性がある、という意味です。

キャンセルを申し出ると一気に半額の44万円に値下げしたり、返却まで何日間もかかったり、さらに問題なのは、元の状態では戻ってこない点です。断ってもしつこく電話をかけてきます。これがアクト〇業者です。

では、見分け方は?。
一般的には以降の点が基準になるようです。但し全ての業者が該当するかどうかは読まれる方が判断されて下さい。

「個人向け電話番号」と「法人向け電話番号」を区別している業者も価格が高額となる可能性があります。

「お急ぎの方」専用の電話番号を掲示している業者も・・・。

出張料が無料、引き取り時の運送料も無料、等、何でも無料の業者も・・・。

「初期診断が通常は有料だけどホームページを見た」、と言えば無料になる」等・・・。


質問:診断・見積りは無料ですか?

回答:予約制となります。予約済の方は初期診断が無料です。


質問:お電話だけで料金の見積りはできますか?

回答電話で見積料金や納期目安を確定できるデータ復旧業者はありません。

メディアの種類、メディア容量、インターフェースの種類、フォーマット形式、障害に気がつかれた日時、障害発生の前後にされた事、修理歴の有無、修復歴の有無、データ復旧歴の有無、その他を詳細にご申告頂ければ推測でご案内させて頂きますが、あくまで目安となります。

論理障害か物理障害かが重要ですが一般の方が判定されるのは不可能です。

一律料金にできれば解決する問題ですが、データ復旧料金には上下10数倍の開きがありますので、現実的ではありません。

お電話で料金を確定している業者は、「悪〇業者」「ボッタ〇〇業者」「定額制の業者」「軽度障害の復旧業者」のいずれかです。


質問:成功報酬制ですか?

回答殆どのデータ復旧業者さんのホームページには「成功報酬制」と記載されていますが意味不明の言葉です。

「ファイル名が1個でもご報告できたら復旧成功」なのか?。「ファイル名が1個でもご報告でき、正常に開けたら成功」なのか?。「ファイル名が10個以上報告できたら復旧成功」なのか?。「復旧成功か復旧不可かの判定はユーザーが決める」のか?。「ユーザー様が復旧を希望されたファイルをオープンテストする」か?。ファイル別に正常に開けるかどうか報告する」?。「納品済後にユーザーが決める」か?。様々です。

そもそも「復旧成功」と「復旧不可」の定義も各社様々です。

電話でその点を問い合わせしても回答できる業者はほぼありません。復旧業者の電話対応スタッフさんの多くが理解されていません。

この「成功報酬」の言葉自体が曖昧語なのです。

当店は、お客様のご希望内容に臨機応変に、合理的に受付させて頂きます。


質問:他社で論理障害と言われましたが何処も同じですか?

回答定義は業者毎に異なります。

他社の診断結果で物理障害の物が、当社の診断結果は論理障害で有る事も多いです。

某大手データ復旧専門店は持ち込まれるメディアを全て「重度」と判定されるようです。


質問:他社でレベル3と言われましたが何処も同じ?

回答ダメージの程度表現は業者毎に異なります。

ダメージの種類を大きく分けますと「論理障害」と「物理障害」があります。

一般的には「論理障害」はダメージが軽く、「物理障害」はダメージが大きいですが例外もあります。

「軽度」「中度」「重度」等、と分割されている業者もあります。

定義は様々です。業界で決まっている事ではなく、単純に比較はできません。

ご注意ですが、「超軽度の論理障害」を「重度の物理障害」と判定される某大手さんが有ります。検索上段部に「広告」と記載された一部の業者さんに騙されないよう要注意です。安価な復旧チャンスは1回ですから・・・


質問:パソコンが起動しませんがデータ復元料金はいくらですか?

回答起動しない原因はハードディスク障害が多いのですが、マザーボード等ハードウェアが原因の場合もあります。
システムファイル破損の場合は最も軽症なので当店では1万円台でデータ救出が可能な場合もあります。

重度物理障害と判定される悪〇業者も存在します。

「容量が500GB未満で5000円~」という、まやかし価格で誘導される業者など要注意です。


質問:暗号化していますが料金は?

回答暗号化はお客様都合の仕様ですのでデータが再利用できない場合でも当店とは関係ありません。

お申し込み時に暗号化されている事をご申告頂ければ見積りさせて頂きます。


質問:「キャンセル無料のメニュー」と「キャンセル不可のメニュー」の違いは?

回答復旧料金がより安価なのは「キャンセル不可のメニュー」です。他社様の中にはキャンセル無料を特徴とされている業者がありますので、その対策として一応メニューを準備しています。キャンセル無料の業者様は元々高額の価格設定をされています。復旧を希望されていない方、例えば相見積りが目的の方に向いているメニューです。より安価に復旧されたい方は「キャンセル不可メニュー」を選択されるのがお勧めです。


質問:診断書や見積書は発行できますか?

回答お預かりした場合の見積金額と納期目安はメール添付で送信させて頂きます。


質問:探しているファイルを、複数のメディアのどれに保存していたか不明の場合は?

回答:どちらか片方が有料で、もう片方は無料キャンセルとなります。

但し重度物理障害を除きます。



診断料・見積料

質問:診断料や見積料は無料ですか?
回答予約済の方の内、無料診断書に直接持ち込み頂いた場合が無料です。

相見積もりと判断した場合は有料診断となります。



納品用メディア代金

質問:納品用メディアは販売されていますか?

回答家電店と同じ価格で販売中です。

当店から購入頂いた場合、5日間(重度の場合14日間)初期不良は新品交換し、データも再書き込みが無料です。


質問:納品用メディアは持ち込みできますか?

回答お申込みと同時に持ち込みの場合は無料です。3日以内の場合は宅配便でお送り下さい。

メーカーの元箱に入った状態で新品未使用で保証期間が1ケ月以上残っている物に限ります。

クイックフォーマットできる事を確認後にデータの書き込みをします。

フォーマットしますのでデータは全て消えます。

新品であっても初期不良は一定率発生します。故障と判定した場合はメーカーへご相談されて下さい。再納品は納品日を含み5日間が無料です。再送料はお客様負担となります。



送料

質問:送料は無料ですか?

回答:データ復旧を依頼された方の送料は無料です。

「キャンセル」や「復旧不可」の場合は、送料着払で返却させて頂きます。


パソコンデータ福岡 ご相談とご予約。パソコンデータ福岡の携帯電話番号は090-3689-6972,固定電話番号は050-3597-2468


合い見積り

質問:社内ルールで合い見積りが必要ですが診断だけ依頼できますか?
回答:「データ復旧サービス」では「合い見積り」は存在しません。初期診断直後にご注文を頂けなかった場合、その見積り条件は無効となります。

何故? 壊れかけのメディアは通電すればする程状態は悪化します。安価な復旧見積りチャンスは1回の事が多く、その最後の1回を逃す事になるのです。
ある業者が行ったデータ復旧見積作業によりメモリーはダメージを受け復旧不可の原因となる事もよくあります。

データ復旧見積りは、他業種のように机の上だけでコスト計算できる作業でもありません。
「復旧の可否」「見積金額」「納期」はデータ復旧作業全工程がほぼ終わった後に確定できるのです。



ファイルリスト(データリスト)

質問:他社では、データ復旧作業前にファイルリストを提供されるそうですが、御社は対応可能ですが?

回答それは事実と異なります。誇大広告、嘘偽りです。ファイルリストは復旧作業完了後に作成可能なリストです。

データ復旧作業前にファイルリストを作成できる業者は絶対に存在しません。

ファイルリストを送信された時点でデータ復旧作業は既に完了しています。

もし、データ復旧作業前にファイルリストが作成可能なら、障害が超軽かった事になります。


質問:メールに着信したファイルリスト内に「復旧を希望するファイル名」が存在しますが、そのファイルは復旧できていますか?

回答ファイルリストは納品可能なファイル名の一覧にすぎません。正常に開けるデータの一覧ではありません。この点は何処の業者でも同様です。

「データ復旧サービス」では、ファイルが開けるかどうか(再利用できるかどうか)、文字化けしないかどうか、は関係ないのです。再利用できる可能性はあります。その率は様々なので一概に言えません。再利用が可能かどうかの動作テストをオープンテストと呼び、当店では無料のサービスとして「10ファイル」をお受けできます。復旧済みファイルの状態をご判断頂く材料としてご提供しているサービスです。

復旧を希望されていたファイルが再利用できない場合は無料でキャンセルできます。


質問:ファイルリストのファイル形式は?

回答テキスト形式(txt)をzipで圧縮しています。解凍して頂ければWindowsに付属のメモ帳でも閲覧が可能です。ファイル数(行数)が多い場合は、メモ帳では動作が遅くなり実用的ではありませんから、テキストエディタ(TeraPad等)での閲覧をお薦めします。

なお、ファイルリストの使い方についてのレッスンは行っていません。パソコン教室で習得されて下さい。



データ復旧の可否

質問:データ復旧サービスでは全てのファイルが開けるようになるサービスですか?

回答データ復旧サービスとは、障害のメディアから新品のメディアへデータをコピーするサービスです。フォルダ名やファイル名を修復するサービスではありません。開かないファイルを開くように加工するサービスではありません。

但し、重要なフォルダやファイルがある場合は、お申込み時にパスを申告して頂く必要があります。復旧後にそのファイルを開けるかどうかテストを行います。ユーザー様から指定されるファイル迄のパス指定は最大で10個限りとなります。ファイルをクリックすれば開けるソフトに限定です。(ExcelやwordやJPG画像等です)データベース(Accessやオラクル等)や特殊なソフトは、納品は可能でもオープンテストの対象外です。テストした10個以外のファイルは動作保証しません。ファイルが開けるか開けないかはデータ復旧業者からしますと関係ないお話です。

しかしながら再利用できないファイルに料金を払いたくないお気持ちも理解できます。当店は個別に丁寧に契約致しますからご安心下さい。


質問:MicroSoft製のSurfaceはデータ復旧できますか?

回答Surfaceは、メディアとしてHDDの代わりにや取り外し不可能なSSDやeMMCが内蔵されているモデルが多いです。キャビを強制解体(実質破壊)して宜しければ見積り迄は無料です。再組み立ては不可能です。


質問:メールの送受信データは復旧できますか?

回答復旧成功の定義によります。殆どのメールソフトはそもそもファイルをクリックしても開かないソフトウェアです。復旧済みファイルをパソコンへインポートしないと動作しません。当店ではインポート作業はしていませんし、操作レッスンもしていません。データを復旧し別のメディアにコピーして納品させて頂きます。


質問:デジカメ画像のデータ復旧初期診断で復旧不可と判定されました。それでも復旧できますか?

回答過去、他社で復旧できないと言われた画像の多数を復旧してきました。下部が見えない画像はファイルの修復で復元できる事があります。但し、この場合はファイル修復作業となり、データ復旧料金+ファイル修復料金となります。

完全フォーマットやファイル削除により復旧できないレベルに破損させるカメラも増えています。

復旧不可と判定されたデータ復旧業者の診断結果報告書をお持ちでしたら、お申し込み時にご持参下さい。


質問:デジカメ画像の復旧をパソコンに詳しい友人が試みましたが復旧できませんでした。復旧は可能ですか?

回答データとして情報が残っていれば当店の復旧設備で復旧可能です。正確な診断により障害を調査し状態に最適なツールを利用して復旧します。

障害発生後は「現状維持」が基本です。お客様ご自身で復旧作業をされたり、パソコン販売店などに復旧を依頼された場合、大切な画像データが壊れてしまう事があります。

何もせずにご相談される事が最も重要です。

多くの方が既に「障害が発生後にしてはいけない事」を実行されています。上書きや修復など。


質問:データ復旧率は?

回答各業者のホームページには「復旧率が95%、97%、99%等、勝手な数値」が記載されていますが、子供騙しの意味不明な広告です。
何を分母にして、何を分子にするか「復旧率」の定義が記載されていません。根拠も記載がありません。

仮に90%のセクターからイメージデータが回収できたとしても、70%のファイルが再利用可能とは限りません。

お客様が必要なファイルが10ファイル中の3ファイルしか開けなければ復旧率は30%という解釈もできます。

その逆に30%のセクターのデータしか回収できなくても10ファイル中10個が開ければ100%の復旧率とも言えます。

そもそも復旧率の定義が様々なので比較はできません。

一般のパソコン販売店さんや設定業者さん及び修理屋さんでデータ救出されている状態は論理障害ですから復旧率は高くなります。


質問:ガラケー携帯電話のデータは復元できますか?

回答:microSDカード内のデータは復元しています。

内蔵メモリーからのデータは復元していません。


質問:Androidスマホのデータは復元できますか?

回答:MicroSDメモリー内のデータは復元しています。

スマホ内蔵のメモリーからのデータは受付していません。


質問:iPhoneスマホのデータは復元できますか?

回答iPhoneはMicroSDカードが使えないので、内蔵メモリーからのデータ復元はできません。復旧ができない暗号化仕様だから。


質問:USBメモリーのコネクタがぐらついています。修理できますか?

回答基盤のダメージ次第です。一時的に修理しデータ復旧できる事が多いです。


質問:USBメモリーの端子(金属部)が折れてしまいました。データ復元できますか?

回答折れている物と曲がっている物は復旧率に関係は無く、基盤の状態が関係します。

一時的に修理(データ復旧が目的なので継続利用はできません)できる事が多いですが千差万別なのでお約束はできません。

他社で復旧できない物でも復旧に成功しています。但し他社の修理歴があるメモリーはオプション料金となります。


質問:USBメモリーを他店で診断の結果、物理障害なので復旧できないと言われました。復元できますか?

回答他社で復旧不可のメディアでも当店では多数データ復旧に成功しています。

他社で「メモリーチップが死んでいます」と言われた物でも実際には死んでいなくデータ復旧できる事が多いです。

コントローラー(記録する際にあるアルゴリズム基づき制御しているIC)が壊れている事が多いですがその場合、マイクロチップ(お客様が作成されたデータが保存されているメモリーIC)から直接データを抽出します。

マイクロチップ自体が死んでいたら復旧できません。死んでいるチップからデータ復旧できる業者は存在しません。


質問