ドライブレコーダーのデータ復旧

ドライブレコーダーで衝突の直前のファルダけが再生できない等のデータ復旧料金についてご案内させて頂きます。
事故後直ぐにSDメディアを取り外された場合だけ復旧をお受けできます。長時間経過したら上書きとなりデータ復旧できません。

ドライブレコーダーは特殊

ドライブレコーターの動画ファイルはデータを削除されたら市販の復旧アプリでは復元できない事が多いです。
正常な動画
削除前の動画(イメージ画像です)


復旧不可動画
家庭用の復旧ソフトを利用した場合の動画


復旧成功動画
高度データ復旧に成功した動画(イメージ画像)(時々画像が乱れますがほぼ動作します)


主なトラブル例

  • ファイルを選択して削除した
  • クイック・フォーマットした
  • ドライブレコーダーが故障した

家庭用ソフトで復旧できない理由

  • 動画はデータ容量が大きいから多くのセクターに分割されて記録されている。
  • 常時保存されていないから。
  • 独自の動画拡張子のモデルがある。
  • ドライブレコーダーからSDを取り出さないと上書きされる。

復旧結果サンプル

メディア:MicroSD/SD
メディア容量:16GB
記録データ量:6GB
ファイル形式:mov

削除前 動画ファイル数 16
削除前 動作する動画ファイル数 11
削除後 ファイルの修復成功ファイル数 9
削除後 通常のデータ復旧ファイル数 0
削除後 高度データ復旧ファイル数 126

動画データ復旧料金

円(税込)

SD容量 標準品質 高品質
~16GB 28,000 43万
32GB 33,000
復旧率99%以上
キャンセル料
2,200 27万

・対応拡張子:avi/mpg/mov/mp4/mts/m2ts
・「標準コース」はドライブレコーダー専用のイメージ回収と専用復元ツールを利用します。
・「高品質コース」は個別に分析します。1週間以上かかります。


動画ファイル修復料金

SDメディアに物理障害が無い事が条件です。
契約条件を満たさなかった場合はキャンセル・無料です。

円(税込)

ファイル数 容量 修復料金
1 ~1G 20,000
1 ~10G 25,000
1 ~20G 35,000

・対応拡張子:avi/mpg/mov/mp4/mts/m2ts


問題点

ドライブレコーダーに時計用電池が内蔵していないモデルは、撮影時間が特定できないため、欲しい画像を探すのに長期間を要し、現実的ではありません。画面に日時が記録されているかどうかが重要です。

ドライブレコーダーに時計が内蔵されていないモデルの場合、車の電源を切るとドライブレコーダーへの通電もOFFとなり、記録されている日時が正しい日時かどうか疑問です。


特殊な拡張子vddやvdx

ドライブレコーダーの動画拡張子は「mp4」「mov」が多いようですが、まれに「vdd」や「vdx」に遭遇します。特殊な拡張子の動画はWindows10のPCで見れるように修復します。拡張子の指定があればリクエストして下さい。一般的には「mp4」や「mts」にします。料金は状態(事故の日時が明確で、且つ時計が合っていれば)にもよりますが1万円程度が多いです。