誤操作により削除してしまったフォルダやファイルのデータ復元についてご案内させて頂きます。

低額ファイル削除プランの定義

削除されたファイルと、障害で勝手に消失したファイルは違います。
よって、申し込み時のご申告を間違われますと、結果が変わります。
つまり復旧できる筈のファイルが復元できない原因となります。


低額プランの対象メディア

  • メディア容量が1TB迄又は1TB毎
  • 劣化など障害がない
  • 削除してしまった(軽度論理障害)
  • データ容量が320GB迄
  • PC内蔵のハードディスク
  • USB外付けハードディスク単品
  • USBメモリー
  • SDメモリー

低額プランの対象障害

  • 今、うっかり削除したファイル
  • 今、うっかり削除したフォルダー
  • 1時間以内
  • 実行した人が明確
  • 実行した時間が明確
  • クイックフォーマットした
  • スキャンディスクしていない
  • デフラグしていない
  • ダウンロードしていない
  • インストールしていない
  • その他、上書きは一切していない

免責事項

復旧作業の申し込み時に、上記「低額プランの対象障害」かどうか、ご申告を頂きます。
もしご申告内容と異なる事が判明した場合、免責料金として60%を請求させて頂きます。

よくある申告間違い

  • 障害後1時間以上経過した
  • 実行した時間が不明だった
  • 実行した人が本人でなかった
  • 完全フォーマットされていた
  • 暗号化されていた
  • 重度の論理障害があった
  • 物理障害があった
  • いつのまにか消失していた
  • 上書きされていた
  • 削除されたフォルダ名が違っていた
  • 削除ファイル名が違っていた

お問い合わせ