パソコンのUSB端子に挿していたUSBメモリーに触れてしまい金属部が折れてしまった。
という方が年々増加しています。
それだけ殆どの方がお持ちである便利なメモリーです。

金属部が折れた場合、元の形に戻そうとせずにご相談下さい。
既に戻してしまった方の殆どは、基盤のランド(半田部)が剥離していると思います。

まずは、折れた基盤側の写真画像をメールやLINEで送信頂ければ被害が重傷かどうかを判定させて頂きます。

剥離したら、それだけで復旧不可となる訳ではないですが難易度は増えます。
よって復旧作業料金も割高となります。

金属部と基盤が接する箇所の状態を悪化しないようにお持ち込み頂く事が重要です。

このように折れた場合のデータ復旧率は案件ベースで90%程度です。

曲がった場合も同様です。

折れた物と比較して曲がった物の方が軽傷という事はありません。

作業内容としては、半田付けによる修理を行いますが、但し一時的な修理なので継続的に使用できる物ではありません。

なお、折れたり曲がった場合のデータ復旧チャンスは1回です。

1回目の業者選びが重要となります。

当店では、もし修理ができない程の重傷や、修理しても認識しない場合でもデータ復旧できます。

世界特許技術が解決します。